お答えします!北九州 よくあるご質問

北九州市総合コールセンター

8:30~20:00(年始を除き年中無休)

北九州市総合コールセンター©ていたん,北九州市

カテゴリで検索

母子父子家庭で経済的理由から子どもの養育が十分できないのですが

 ひとり親家庭(母子家庭、父子家庭)の親の経済的な困窮については、各区役所に設置しています子ども・家庭相談コーナーでまずご相談ください。
 母子・父子・寡婦福祉資金貸付金、児童扶養手当などの経済的な支援から育児や食事の世話などのお手伝いをする家庭生活支援員を派遣する日常生活支援事業まで、各種制度を中心に幅広く相談に応じます。
【主な制度】
(1)児童扶養手当
   ひとり親家庭等の生活の安定と児童の福祉の向上のために、18歳の誕生日の年度末までの児童(または20歳未満の障害を持っている児童)を扶養している方に支給されます。
(2)母子・父子・寡婦福祉資金貸付金
   母子家庭や父子家庭、寡婦の生活安定とその扶養する児童の福祉を図るために、無利子又は低利で各種資金の貸し付けを行っています。
(3)ひとり親家庭等日常生活支援事業
   母子家庭の母(父子家庭の父)などが一時的な疾病などのために日常生活でお困りのとき、または生活環境が激変し、日常生活を営むのに特に大きな支障が生じているときなどに育児や食事の世話などのお手伝いをする家庭生活支援員を派遣する制度です。
<お問い合わせ先> 
【各区役所子ども・家庭相談コーナー】
※直通電話です
 門司区  (TEL 093-332-0115)
 小倉北区(TEL 093-563-0115)
 小倉南区(TEL 093-951-0115)
 若松区  (TEL 093-771-0115)
 八幡東区(TEL 093-661-0115)
 八幡西区(TEL 093-642-0115)
 戸畑区  (TEL 093-881-0115)
   
 詳しくは関連ホームページを参照ください。

児童扶養手当の支給

母子・父子・寡婦福祉資金

ひとり親家庭等日常生活支援事業
この内容は参考になりましたか?
ご回答いただきまして、ありがとうございます。
今後の参考にさせていただきます。

キーワードで検索

キーワード検索

※スペースで区切って複数検索が可能です。

チャットも利用できます。
右下のていたんをクリックしてね!

カテゴリから検索

©ていたん,北九州市

Powered by i-ask