お答えします!北九州 よくあるご質問

北九州市総合コールセンター

8:30~20:00(年始を除き年中無休)

北九州市総合コールセンター©ていたん,北九州市

カテゴリで検索

老人保健法の療養病床に入院する場合の食事・居住費の負担について教えて下さい。

 平成18年10月1日から、療養病床に入院する70歳以上の人は食材費に加え調理コスト、居住費等が加算されます。

<食材費及び調理コスト>
・一定以上所得者及び一般                                                                                         入院時生活療養(Ⅰ)を算定する医療機関に入院している人  1食 460円                                                                                                   
入院時生活療養(Ⅱ)を算定する医療機関に入院している人  1食 420円                                                                                           ・低所得者Ⅱ(区分Ⅱ)     1食 210円
・低所得者Ⅰ(区分Ⅰ)     1食 130円 
・低所得者Ⅰ(区分Ⅰ(老福))※  1食 100円                                                       

<居住費(高熱水費)>
・一定以上所得者及び一般、低所得者Ⅱ(区分Ⅱ)、低所得者Ⅰ(区分Ⅰ)   1日あたり 320円
・低所得者Ⅰ(区分Ⅰ(老福))      0円                                                                      

※低所得者Ⅰ(区分Ⅰ(老福))は、低所得者Ⅰのうち老齢福祉年金受給者(ただし、経過措置該当の「老齢福祉年金受給者」は低所得者Ⅰ(区分Ⅰ)とする。)                                                               

<対象外>
入院医療の必要性の高い患者[人工呼吸器、中心静脈栄養等を要する患者や脊髄損傷(四肢麻痺が見られる状態)、難病等の患者]については、従来どおり食材料費相当の負担額とする。                                                                                       

老人保健医療制度とは
この内容は参考になりましたか?
ご回答いただきまして、ありがとうございます。
今後の参考にさせていただきます。

キーワードで検索

キーワード検索

※スペースで区切って複数検索が可能です。

チャットも利用できます。
右下のていたんをクリックしてね!

カテゴリから検索

©ていたん,北九州市

Powered by i-ask